偏頭痛でお悩みの方に!漢方や対処法をご紹介

頭の片側がズキズキすることがある…このような症状がある方は、もしかしたら偏頭痛かもしれません。

頭の片側にズキズキと脈打つような痛みが発生する。
日常生活や仕事に影響することがある。頭痛で感情的になりやすくなったり、光や音に過敏になってしまい痛みが発生する。
痛みがひどい時は嘔吐を引き起こすこともある

偏頭痛は女性ホルモンに影響すると言われており、20代〜40代の方に発症するケースが多くなっています。

今回は偏頭痛で悩まれている方向けの記事となっております。それでは、偏頭痛についてみていきましょう。

そもそもなぜ偏頭痛は起るのか

偏頭痛が発生する原因はいくつか考えられますが、平日は仕事で極度の緊張感で取り組んでいて、休日に緊張感から解き放たれた時に発生するケースが多いと考えられます。


そのほかにも、パソコン業務など長時間同じ姿勢を取り続けている場合発生しやすくなります。

性格面では、心配性の方であったり責任感が強い方に多くみられます。

偏頭痛に効果的な漢方

偏頭痛はどういった漢方が効くのでしょうか?それでは気になる症状別に効果がある漢方をご紹介していきます!

特に気になる症状①

・突発的におこる頭痛や嘔吐が発生してしんどい

・手や足の指先が冷える

オススメの漢方

呉茱萸湯

 

効用

頭痛特に偏頭痛に対して効き目があるとされているだけでなく、

吐き気や足先の冷えに対して効果があると言われいます。

特に気になる症状②

・頭痛

・興奮状態を抑える

 

オススメの漢方

桂枝人参湯

 

効用

動悸や頭痛に対して効き目があり、

その他にも胃腸の働きを助けるような効果もあると言われています。

偏頭痛を改善する方法

偏頭痛が起きにくくなるような健康法についてお話していきます。

・ストレッチ
 上半身をねじるストレッチをしてみましょう。顔は正面を向いたまま、手を横に伸ばして上半身を左右交互にねじります。5回程度行うことがオススメです。

・ 頷厭のツボをおす
爪を立てずに指の腹を使って頷厭のツボを5秒程度ゆっくりと押していく。強く押し続けると頭皮が傷つく可能性があるので、押す力は軽く痛いと感じるくらいがベストです。

・やわらげる食材
偏頭痛を予防ややわらげるのに役立つ食材として、マグネシウムやビタミンB2をよく含んでいる食材を摂取することをオススメします。

やわらげる食材
マグネシウムを多く含む食材
ごま、そば、豆を使用した食材(豆腐、納豆)、魚、果物
ビタミンB2を多く含む食材
レバー、牛乳、卵、うなぎ、しいたけ類

偏頭痛は不規則な生活や食習慣の乱れが原因となることがあります。

そのため規則正しい生活を心がけるとともに、栄養バランスに偏りなく摂取していきましょう。

いかがでしたでしょうか?

緊張感を持ちすぎると、かえって体に悪影響をもたらす可能性が高いので、適度にリラックスやストレッチをして気持ちを切り替えることも必要かもしれません。

不規則な生活や偏った食生活を見直して、睡眠時間をしっかりと確保して栄養バランスを気をつけていきましょう。

YOJOではあなたの体質に合った漢方薬や体調に合ったアドバイスをLINEから無料で受けることができます。

体質の改善には専門家と一緒に治療に取り組むことが大事です。ぜひこの機会にあなたにぴったりの漢方薬を見つけてくださいね。